カテゴリ:行脚録( 36 )

仕事のついでに東北行脚

今年こそは東北のスタンプラリーを完走しようと奮戦している話は既に書いたと思います。
でもね、なかなかね、往復の料金が高かったり色々で進まないのです。
そんなところに、山形での仕事のお話。わーい! 行きます行きます!

8月1日の夜に千葉を出て、常磐道→磐越道→東北道コース。国見のサービスエリアでぐーすか仮眠です。
さらに山形道に入り、寒河江で一般道へ。まずは羽前長崎駅で観光印を押します。道の駅寒河江で開店を待って押印し、おおえ、にしかわ、月山と進みます。鶴岡駅藤島駅でもスタンプをおして、道の駅庄内みかわへ。実はここが今日の仕事の現場なのでした。ちなみに道の駅記念きっぷは売り切れ。がっくり。
仕事は無事終了。ホテルは山形市内なので、戻ります。現場で待ち合わせした社長は山形市内でバイク借りてツーリングで着たって……。どえりゃびっくりしたがね。
そういえば、山形道の櫛形パーキングエリアというのは、ハイウェイオアシスなんですよね。気になっていたのでよってみることに。閉店間際だったのですが、なんとか間に合い、店内をうろうろ。スタンプないですか? とレジの方に尋ねたら、するっと店名の入ったハンコを出してくださいました。……これをスタンプって言っちゃうのには抵抗あるけれど、どうもそういう要望は多いみたいですね。慣れてらっしゃる感じでした。
その晩は山形市内でお蕎麦なんぞたぐりまして。翌日8月3日は、新庄にてお仕事でございます。社長を車に乗っけたまま、むらやまでスタンプをおして、きっぷを買います(笑) ちょっと恥ずかしい。
新庄市内での仕事を終え、社長を駅まで送り、フリーに。さて、という感じで、ぐいぐい車を走らせます。
道の駅とざわに寄り、鳥海でお風呂に入ります。すっきりさっぱり。
まだいけるかなって感じで北上し、象潟でスタンプ。にしめにも立ち寄ったけれど、残念ながら夜間押印はできなくなっていました。がくー。同様に岩城でもダメ。またこないといけませんね。
結局その日は、頑張っててんのうまで。そこで、おやすみなさい、なんだけれど、珍しく東北に台風が接近していたのでした。

翌日雨の音で目を覚まします。うーん、これはちょっと嫌な天気です。なるべく台風から逃げようと思い、一気に道の駅かづの、まで回送します。距離はありますが、なかなかに気持ちのよいドライブでした。
地図を睨み、ひとつばかばかしいことに挑戦。鹿角八幡平ICから高速に乗り、青森方面へ。途中にある花輪サービスエリアでスタンプを押印。次の十和田ICで高速を降り、ぐるっとUターン。今度は盛岡方面に向かい、反対側の花輪サービスエリアのスタンプもゲット。そして、そのまま進み、岩手山でも押印して、西根ICで高速をおりました。まったく、いいお客さんですよね。
道の駅にしねでスタンプときっぷ。きっぷの番号は、1235。やられたー。石神の丘でブルーベリーカレーを買って特別きっぷもゲット。くずまき高原までを往復し、上盛岡、山岸、上米内駅に寄ってから、区界高原へ。続いてやまびこ館に。ここで黒まいたけ釜飯を買ったのだけれど、これが本当に美味しくて、ひとりで車の中で騒ぎながら食べていました。
川内駅と陸中川井駅にも忘れずに寄ります。綺麗な新印が設置されたところですので。そこから山道を抜けて、遠野へ。遠野駅には見たことが無いスタンプがおかれていました。どうやらキャンペーンものらしいのですが、かなり可愛いデザインで、ずっと置いて欲しい感じです。
観光案内所でもスタンプをおして、河童捕獲許可証も買いました。これでいつでも河童と仲良しになれます。
道の駅遠野風の丘、みやもりと進み、土沢駅でもおしてから、道の駅とうわでお風呂に入ります。でもまだまだ進むよ。北上線沿いに走り、錦秋湖で押印。遅くまでやっててくれるので助かります。
そして、下道から、錦秋湖サービスエリアにアプローチ。ハイウェイオアシスだから行けるのは間違いないんですが、地味な道というか、わかりにくい道というか。なんとかたどり着き、スタンプぽんぽん。
横手駅に寄ってから、道の駅雁の里せんなんで寝たのでした。ぐー。

8月5日は、まずは大曲駅に。新幹線のラリー印も押します。刈和野駅の観光印、羽後境駅のDJ印と、順調におしていき、道の駅協和、かみおか、なかせん、と戻ってきます。もう一度せんなんに寄り、きっぷとスタンプをゲット。さんないに寄り、相野々駅でスタンプと焼きそばです。ずっと横手焼きそばを食べたかったのだけれど、ようやく念願かないました。美味しいよー。
道の駅東由利をとおり、清水の里鳥海郷へ。ここでは今、ネイガープリクラを撮るときっぷがもらえるキャンペーン中。頑張って何枚かプリクラ撮ったよー。ちょっと事情があって、おしゃれできない時期だったので、自分としては不本意なんだけれど……。もう一度ちゃんと可愛い格好で撮りなおしたいよー。まっててネイガー
そして河北、天童温泉でスタンプ。お風呂は天童にある、ゆぴあという施設で。なかなかよかったよ。そしたらあとは、一気に帰宅です。ふー。お疲れ様でした。
[PR]
by petamp | 2007-08-02 00:00 | 行脚録 | Comments(0)

ひがえり佐渡島

深夜2時のエドくん到着を待って出発。Hiroたんはお仕事の関係上やむなく不参加に。代わりにというわけではないけれど、つの丼を拉致りました。
ぶいーんと関越を北上し、新潟港へ。駐車場に車を置いて、てくてく歩いてターミナルへ行きます。

次のジェットフォイルのチケットを購入し、ターミナル内をうろうろ。結局スタンプは、3種類でした。
ジェットフォイルに乗り込みますと、階段下にスタンプが1種類。この船の名前「すいせい」が書かれています。もしかして、それぞれの船にあるの?

わずか1時間で、両津港到着。下船して、すぐスタンプです。しかし、これは新潟港にあったものと同じデザインでした。
1階のニッポンレンタカーのカウンタ脇にも古びたスタンプがあります。……これは、私、25年前の佐渡上陸のときにおしてる気がする……。
トヨタレンタカーで車を借りたらば、イスト。まるで自分の車で佐渡を走っている気分です(笑
でも、ちょっとずつ違うから、かえって違和感があったりして。結局最後まで私が運転していました。

まずは、道の駅「芸能とトキの里」へ。スタンプおして、登録証撮って訪問完了。つの丼がきっぷの営業しておりました。
佐渡コーヒー牛乳を買い、タライ船体験をします。ひとりできゃーきゃー言って。でもコツはつかんだので、次は海峡横断に挑戦です(ウソ)

佐渡歴史伝説館を堪能し、おせんべ売りのジェンキンスさんとモーモーくんのツーショットを撮らせていただきます。まさかこんなコラボが実現するなんて~!(笑

度津神社で、ご朱印をいただき、ぶちぶちとお願いを唱えました。これで目的の多くは達成。さあ、観光モード(つまりはスタンプあつめ)かな。

相川バス停には観光案内所が併設。スタンプ1種類。新潟交通佐渡の回数券も購入しました。

尖閣湾遊覧船のレストハウスでごはん。あんまり佐渡~って感じのメニューはありませんが、焼きイカが美味しかったー。スタンプは1種類。これも25年前におした記憶。

佐渡金山は、寒いこと寒いこと。狸穴などを見て、またまた記憶をよみがえらせました。怖かったものって覚えてるんですね。暗い洞窟の中の小さい穴って、もういろいろ想像しちゃっておっかないです。
スタンプは1種類。同じものが二つ。

佐渡空港にはスタンプはなし。でもステッカーがあったよ。

トキの森公園で朱鷺を見ます。遠いので、ディテールはわからなかったけれど、美しい鳥ですね。みんなも同じ感想でしたけれど、朱鷺って、今はあんなにいるんですね。繁殖の成果があがっている感じです。もちろんこれでも本来の姿からすれば何万分のいちなのかもしれないですけれど。スタンプは1種類。

両津港に戻る前に、両津信用組合で封筒をゲット。ジェットフォイルではなく、カーフェリーの窓口に入場券があることを発見。購入。とはいえ、軟券の機械発行のきっぷですけれどね。
帰りは3人ばらばらの座席。混んでいましたし。
船は「ぎんが」。スタンプは係員さんに。船名の削ったものがでてきましたよ。

新潟港に無事戻り、道の駅花夢里にいつでスタンプをおして、北陸スタラリマジック1に。残りは、越後川口。まあ、関東に近いから、そのうち行きます。なあんて言ってて忘れちゃったら大変です。

一般道をたらたら走り、長岡市内のジャスコにあるフレンドで、イタリアンを食べます。これね、私がこどもの頃に好きだった、不二家レストランの焼きそばに味がそっくりなの。

長岡駅にて、つの丼を解放。てか、つきあわせて申し訳なかった気もします。無事帰れたようでなによりです。

そこからはびゅーんと、ちょっとお茶飲んで帰路へ。でも、眠くて眠くて。高坂、三芳、新倉と1時間ずつくらい寝ながら帰宅です。
やはしね、もう無茶はできません。そこが反省点でございます。
[PR]
by petamp | 2007-07-22 00:00 | 行脚録 | Comments(0)

高遠 松本 こぶちさわ

甲府から長野方面に行ってみよう、というロクに目的も定めない旅は、道の駅「南アルプス村長谷」からスタートしました。夜中に家を出て、途中、八ヶ岳PAで眠りに落ちるまで走り続け、朝には国道を経由して、到着です。
最近ここで、道の駅の記念きっぷが再発売になりました。なんかそういう理由で旅に出てることが多いのですが、もう翻弄されるのにも慣れました(笑

お友達のスフレさんと合流して、きっぷを買ったりスタンプおしたり。
それから高遠城に向かいます。駐車場には誰もおらず無料で置かせてもらえました。そこから入ってすぐのところに、高遠閣という建物があり、玄関先にスタンプはあります。百名城のものと、通常のものと。ただし、インクが凄い状況でしたので、ご注意を。
さあて、スタンプおしたおした、じゃ、松本方面行こうかって歩き出したとき、近くの木造建築の窓が一斉にガタガタと音をたてはじめました。???
すぐに収まったのですけれど、なんだろう、オカルト的な何かだろうか、なんて思ったりして。
でも、実はそれが、新潟県の中越地震だったのです。揺れはまったく感じませんでした。
ラジオやネットで調べて、どうも大きな地震みたいだということがわかってきます。とりあえず、高速道路は使えそうでしたので、松本に予定通り向かいます。時速制限はかかっていましたが、何事も無く、松本に到着です。
まずは道の駅「風穴の里」に行き、きっぷを買ったりお蕎麦を食べたり。
ここでスフレさんとおわかれして、私は梓川テプコ館に向かいます。ずーっと以前から気になっていた施設だったのです。
そこではじめてテレビを見て、柏崎が大変なことになっていることを知りました。こりゃ大変だ、と思うものの、どうにもできません。気分的にはちょっと重くなりましたが、そのまま旅は続きます。

松本城に行くために、大手門駐車場に車をとめます。そこから歩いて松本城へ。途中にあった観光案内所でももれなくスタンプをぺたんぷ。まずは松本市博物館をぐるり見て、門をくぐりお城に向かいます。すぐにスタンプはおせたので、天守閣にのぼる理由は無かったのですけれど、ま、せっかくですので。
急な階段をぜえはあ言いながら上ります。そして、何も無い天守閣をぐるりまわってすぐに下ります。足ががくがくするよー。

ここから少しだけ道の駅をまわります。小坂田公園、信州蔦木宿、こぶちさわ、です。こぶちさわではスタンプをおして、きっぷを2枚ほど買ってからお風呂に入ります。ざぶーん。ああ、気持ちよい。
お風呂からあがって、何気なくきっぷの裏面を見ましたらば、896番。……ひょっとして、901番から裏面のデザイン変わる?
慌ててお店にふっとんで行きます。そして、きっぷを買いましたらば、もう912番から。鋭い人がいるのだなあ。もうそれを予見して10枚ほど買った方がいらっしゃる。
へーと思いながらお店を出たら、その人、なみすけさんがいらっしゃいました(笑
しばしお話したのち、私は帰宅モード。談合坂で力尽きて居眠りしていたら、朝になっちゃいましたけれど(わー
[PR]
by petamp | 2007-07-16 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
朝早くから、津軽湯の沢、陣場、白沢と駅の撮影をします。天気があまりよくなくて、もやがかかっている感じですが、このあたりの雰囲気によく似合っています。鷹ノ巣駅にちょっと寄ってから、秋田内陸縦貫鉄道の各駅撮影に入りました。切符の未収をメモした紙をなくしてしまったので、切符の懸案はまた残しちゃいましたけれど。
小ケ田、大野台、合川、上杉、米内沢、桂瀬、阿仁前田、前田南、小渕、阿仁合、荒瀬、萱草、笑内、道の駅「あに」、奥阿仁、阿仁マタギ、とよくもまあ、って感じですね。阿仁マタギの先、打当温泉マタギの湯まで行き、マタギ資料館を見ます。うーん。凄い世界です。スタンプは二種類。
戻って、松葉、羽後長戸呂、八津、西明寺、羽後太田で、完了です。そろそろデジカメの電池が心配になってきました。シガーソケットからとれるインバータを探しますが、どこで買えばよいのだ?
他にも角館市内では探し物があり、うろうろうろうろ。なんとかお使いをすませ、ホームセンターでインバータもゲットです。
生田、神代と寄って、いわて銀河鉄道の巣子駅へ。……知らなかったというか、すっかり忘れていたのですけれど、ここは硬券は入場券だけではなく乗車券も豊富にあるんですね。入場券だけのつもりだったので、嬉しい驚きでした。続いて青山でもいっぱい買います。ふー。
盛岡市内の盛岡城も100名城の一つです。スタンプは、市内のプラザおでって、という施設にあります。無事スタンプをおした後、同じ建物の6階にある、盛岡てがみ館を見ます。ここは、さまざまな手紙によって生じるドラマを淡々と記録しているような施設。貴重な現物の手紙が多数展示されていました。
さて、そろそろ帰宅モードです。道の駅「とうわ」でお風呂に入り、北上、六原、金ケ崎、水沢と駅に寄ってから、東北道でぐいーんと南下。もちろん途中の、前沢、長者原、菅生、国見でスタンプをおすのですけれど。
そんなわけで、ようやく帰宅。最後眠かった~
[PR]
by petamp | 2007-06-26 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
とあるバス停の撮影のためだけに十三湖にいたわけで、それが撮影できてしまえば、あとはぐんぐん回送します。津軽鉄道の嘉瀬駅と津軽飯詰駅に寄って、どちらも無人化されていることを確認、林崎、藤崎、撫牛子と駅名標を撮ったりしつつ、弘前東高校前駅へ。
今日は平日、ここで切符が買える日です。前回買えませんでしたのでリベンジです。様式変更などではなく、純粋に新しい駅での切符購入は嬉しいものです。
調子にのって、石川に行きますが、無人のようでした。津軽大沢では無事購入。千年も無人のようです。さて、五能線方面にもどります。道の駅つるたに寄ってから、五所川原、木造、陸奥森田でスタンプをおし、道の駅もりたにも寄ります。
ここからは駅撮影&切符購入&スタンプをひたすら繰り返すのです。越水、鰺ヶ沢、陸奥赤石、陸奥柳田と調子よく来ましたが、北金ヶ沢はお昼休みにあたってしまい、目の前に見えるスタンプもおせません。かく。
千畳敷、道の駅「ふかうら」、風合瀬、驫木、追良瀬、横磯、艫作、ウェスパ椿山と寄り、陸奥沢辺駅にどきどきしながら行きますが、窓口にはカーテンが閉まり、残念ながらアウト。実はここが、JR東日本の常備軟券未収の最後のひと駅だったのですけれど。
十二湖、松神、白神岳登山口、道の駅「はちもり」、あきた白神、滝ノ間、八森、鳥形、道の駅「みねはま」、向能代、鶴形、道の駅「ふたつい」、道の駅「たかのす」、扇田、道の駅「ひない」、ここらへんでタイムアウトでしょうか。「かづの」を残したのは痛いかもなー、と思いつつ、大館市内に戻っていきます。
ここから計画通り、小坂鉄道沿いに走ります。旅客廃止後、いつか走ってみたいと思ってたのです。途中茂内駅はそのままなんですね。感動~。
小坂駅までなんとか走り、高速に乗っかって、碇ヶ関へ。道の駅「いかりがせき」でお風呂に入ります。
さて、ご飯をどうしようかなと悩んだ挙句、ちょっと贅沢をしましょう。高速に乗って、黒石まで向かいます。途中には、津軽サービスエリアがありますので、スタンプをおします。黒石市内のお店でご飯を食べ、また同じルートを戻ります。これで、津軽サービスエリアの上下ともに収集できました。てへ。
P泊地は、いかりがせき、です。おやすみなさい。
[PR]
by petamp | 2007-06-25 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
今日は東北道の駅スタラリモードです。
と、行っておきながら最初の経由地は、小川原駅。道の駅は「おがわら」ですが、駅は「こがわら」なんですね。
十和田観光電鉄の大曲駅に寄り、そこから各駅を撮って行きます。バス停のような間隔で駅がありますので、慌しいですが、雰囲気はどこもよくて、楽しいです。柳沢、七百、古里、三農校前、高清水、北里大学前、工業高校前、ひがしの団地、で十和田市に寄ってゴール。
道の駅「奥入瀬」は初訪問です。そこからくだって「しんごう」へ。ここには随分昔来たことがあったのですけれど、撮影などは初めてですので、ようやく塗りつぶしです。「さんのへ」「とわだ」で八戸市内の根城(八戸博物館)に寄ってから、「おがわら湖」に戻り、「しちのへ」へ向かいます。途中、南部縦貫鉄道の七戸駅にも寄りますが、ひと気まったく無し。以前はグッズなども売っていたのですけれど。ただ、駅名標は新しく書き換えられていました。
虹の湖」で噂のつゆ焼きそばを食べます。うーん。不思議な味。確かに焼きそばなんですが、うどんつゆに沈んでいます。美味しいのですが、暑くて暑くて。夏にはただの焼きそばのほうがいいみたいです。
大鰐温泉駅で切符を買い、スタンプをおし、弘前城に行きます。
ここは、五月の連休に通ったばっかりなんですけれどね。駐車場がまったくわからずに、困った挙句、弘前市立観光館に置き、走ります。時間がギリギリだったもので。
汗だくになりながら、有料区域に入り、百名城のスタンプをおします。
ふう。観光館に戻りましたらば、ここにはなんと、11種類の観光記念スタンプがありました。うれしい悲鳴をあげつつ、おします。ぺたんぷ。
もう少しいけるかな。「いなかだて」「なみおか」と寄って、大釈迦駅に行きます。駅前の商店はまだあいていました。切符購入&スタンプ(DJ印!)をおしました。
五所川原駅にでも寄っていこうかなーなんて思っていたのですが、途中で通行止めにあいます。駅前はお祭りのために入れないのだそうで。なんだよー、よそ者にはわからないじゃないかと、ぷんぷん怒っていたのですが、いわゆる「虫送り」のお祭り(奥津軽虫と火まつり)だそうで。……それってスタンプにも書かれている大きなお祭りじゃん。それなら仕方が無いかな。
ゴールデンウィークにお世話になった、木造のしゃこちゃん温泉に入って、翌日のコネタのために回送し、十三湖高原でP泊です。涼しい~。おやすみなさい。
[PR]
by petamp | 2007-06-24 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
おりつめは周辺の道の駅の中では開店が早い駅。それもここをP泊に選んだ理由の一つです。
開店を待ってスタンプをおして、すぐにスタート。次は、JRバス東北の陸中山形駅こと、白樺の里やまがた、です。ここは最近になって、「白樺の村」から「白樺の里」に駅名が変わっています。スタンプはどうかな? と思いましたが、ちゃんと変わっていました。そして、おおのに戻ります。夜中だったので、スタンプがおせなかったのです。
はしかみ、なんごう、みさわ、と道の駅でスタンプをおしながら、ついに下北半島に入って行きます。吹越駅に寄ってから、陸奥横浜駅へ。切符&スタンプ。続けて、道の駅「よこはま」です。ホタテのから揚げなんて贅沢なものが安価で売っていましたので購入。これが美味しいんだ。
本当なら大湊線の全駅を撮影したかったのですが、時間的に厳しいかな、ということになり、泣く泣く通過。次に寄ったのは、下北駅、大湊駅でした。恐山に向かう観光バスを尻目に、私は下北半島の斧の部分の南端を西に向かって走ります。
美しい沿岸を楽しみながら進んで、道の駅「わきのさわ」へ。初訪問です。
下北半島って、西進、東進は比較的楽ですが、斧の刃物部分を南北に移動するのはなかなかに大変です。
でも頑張って、道の駅「かわうち湖」へ。さらにここから北上して、大間を目指します。いっそむつ市に戻ったほうが楽なのでは? と思ったのですけれど、ぐねぐね道を進みます。
太陽が傾いたころに、大間港に到着。スタンプだけおします。まだ乗ったことがないのですが、ばあゆ乗船記念スタンプです。
そして、本州北端の地へ。観光案内所で、北端到達記念証明をいただき、スタンプもおします。やったー、ついに到着です。私、下北半島へは、随分昔、下北交通に乗りに来て以来でしたので、アコガレの地だったのです。
さて、ここからむつ市に向かいます。途中、未成線を見たり、旧大畑駅や旧正津川駅を見てから、むつ市内へ。美人の湯と呼ばれる温泉に入り、ご飯を食べて、一気に半島を出ます。
P泊地は悩んだ末に、おがわら湖にしました。スタンプはおせませんので、またこなくちゃ。おやすみなさい。
[PR]
by petamp | 2007-06-23 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
朝の7時過ぎ、東北道国見サービスエリアにて、今回の遠征旅、スタンプ初おしなのでした。
NEXCO東日本のスタンプ収集も半ばを過ぎたのですが、まだまだ残っています。なるべく早く片付けたいのですけれど、東北など遠くにでかけますと、他に行きたいところがありすぎて……。
続いて、菅生パーキングエリアでもおします。なぜ、ここにはあるんでしょうね?
仙台南部道路を経由して、仙台東部道路へ。そして石巻へ。道の駅「上品の郷」にて、東北スタンプラリー再開です。残念ながらの雨模様。梅雨時ですからね。仕方ないか。
陸前豊里駅に立ち寄り、切符購入&スタンプ押印。綺麗なシャチハタ印でした。「津山」でもスタンプ&きっぷ購入です。
歌津駅でPOS入場券を購入。こちらにはスタンプは無いんですね。「大谷海岸」で、道の駅のスタンプをおして、南気仙沼駅でマルス券を購入。「高田松原」にて、スタンプ&きっぷです。このあたりの道の駅のきっぷは、基本的に所持しているのですが、自力化ということで。
小友駅にて窓口で入場券をと言うと、発行できないとのこと。そうか、ここは盛岡支社ですね。盛岡支社では徹底して、簡易委託駅での入場券を発売させないことになっています。
駅数も多く無いし、希望する人も多いのだから、売ってくれてもいいじゃない、と思うのですけれど、そこはマニアのわがままなのでしょうか。受託のおじさまは大変申し訳無さそうにしておられました。
細浦駅には、常備軟券があります。ようやく購入できました。これで私のJR東日本現行発売駅での未収駅は残り一つとなります。駅名の入ってない観光印ですがとても綺麗なスタンプもあります。ポケットティッシュなどもいただいたりして、感謝なのでございます。
盛駅にちょっと寄ってから、三陸鉄道の吉浜に向かいます。道の駅「さんりく」にも忘れずに寄って。
吉浜には最近スタンプが設置されました。デザインも面白く、とても綺麗です。ぜひみなさんおしに行ってあげてくださいな。
大槌駅に寄って、スタンプ&切符購入。あれ、スタンプもしかして新しいですか?
吉里吉里駅では待合室内にあるスタンプを三種類おします。どれもかなりへたってます。その中の一つは、随分昔、国鉄時代、硬券入場券を送ってもらったときにメモ帳におしてあったものです。こんなに劣化しちゃって、という反面、まだあるんだーという思いもあります。
道の駅やまだに寄って、陸中山田駅に行きますが、残念ながら駅員氏がおらず、切符は買えませんでした。スタンプは、おした紙が置いてあり、なんとか印影は確保できたのですけれど。
津軽石駅で切符購入&スタンプ。道の駅「みやこ」で、本州東端到達記念証明書をいただきます。
本州の四端にて発行される証明書を集めると、記念品がもらえるという「四端ラリー」というのがあるのです。以前コネタに記事として書いたのですけれど、実はこれが初参加。なんとか完走したいなあ。
唯一三陸鉄道で未訪だった一の渡駅を撮影した後、ちょっとスタラリ急ぎモードです。たろう、いわいずみ、たのはた、と寄ってから、三陸鉄道の普代駅へ。ここの硬券入場券は長らく料金変更印だったのですが、140円の新券になっていました。他にもいくつか硬券を買っていたら、最後に乗車記念と書かれた模擬券をいただきました。知らなかったので嬉しい~
もはや時間的にあきらめていたのですが、道の駅「のだ」=陸中野田駅に到着しましたらば、まだ売店があいています。ラッキー! とばかりに、スタンプをおし、窓口にて、三陸鉄道&道の駅のきっぷを購入することができました。よかったー。
その後、久慈に寄って、道の駅「おおの」でお風呂に入ります。ご飯を食べ損ねてしまっていたので、お風呂のあとに、二戸まで抜けて、食料を確保。道の駅おりつめ、で、P泊です。おやすみなさい。
[PR]
by petamp | 2007-06-22 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
6月1日は、名古屋でお仕事でした。とっていただいたホテルに投宿し、翌朝出発です。
一日の目標はあんまり欲張ると、タッチ&ゴーになってしまいますし、ほどほどに。というわけで、一箇所にターゲットを絞りました。

名古屋市内から岐阜方面に向かいます。最初に止まったのは、近鉄養老線の駒野駅でした。スタンプを捺してなかったので、ぽんっと。
続いて、JR東海の柏原、近江長岡でスタンプです。彦根市内で面白そうなことやってるなーとは思ったのですが、華麗にスルーして、坂田駅でスタンプ。
続いて、長浜駅に立ち寄ります。駅前に車を置いて、駅でスタンプ、歩いて長浜鉄道スクエアに行き、記念館でスタンプ。です。
そして、虎姫、河毛と寄っておしまくり。で、河毛駅のほど近くに、小谷城というのがあるのです。これ、例の日本100名城の一つなんですね。それでは、と向かってみます。
しかし。
小谷城というのは、ものすごい山城です。麓に駐車場があり、歩いて山頂方面に向かうと遺跡がいろいろあるようなのです。
……、これ、のぼれっての?
ためらった挙句、私は引き返しました。もう少し名城スタラリをすすめてからまた来ようって。
実はこれが正解でした。あとで入手したスタンプラリー帳に因れば、小谷城のスタンプは全然違う場所に設置されているのだそうな。危ない。登って行ってなかったら辛かったところでした。

戻って、高月駅でスタンプをおし、柳ケ瀬トンネルをくぐったりしながら、敦賀市の気比大社に行きます。広くて気持ちがよいところですねー。
ここから小浜線沿いに針路を変え、美浜、三方と切符&スタンプ。東小浜駅の近くにある、若狭彦神社(でも、私が行ったのは、下社である、若狭姫神社)で御朱印をいただきます。
小浜駅により、加斗駅へ。
ここは、簡易委託でぺらぺらのレシート切符を売っているだけの駅なのですが、スタンプがあります。駅前には、床屋さんのサインポールが。なるほど駅舎を床屋さんとしても使っているのですね。
駅の方は気さくな方で、時々送って欲しいなんていう手紙が来るんですよ、なんておっしゃる。へー、スタンプをそうやって集める方というのもいらっしゃるのですねぇ。考えもしなかったなあ。
すこーんと抜けた青空と、ディーゼルカー。そして、ひとりだけやってきた地元の女子高生。どこをとっても映画のような美しい風景で、私はこの駅を大好きになってしまいましたよ。

もう少し西に進みます。若狭本郷駅と線路を挟んで対岸にあるのが、おおい町の情報交差点施設「ぽーたる」です。駅前にはSLが鎮座し、中には鉄道模型が張り巡らされてて、なかなかに面白いです。スタンプは二種類。
地下通路を通って駅にも行き、スタンプやら切符やら。
国道沿いから若狭本郷駅に行きたい方は、ぽーたるに置いて歩くのがよいかも。手前に若狭本郷駅口という信号があるんですが、うっかり左折すると自動車進入禁止でポールが立っています。……こういうのってかなり頭に来ます。よそ者にわからないような案内をしないでくださいませ。

もうちょっと進んで、道の駅「シーサイド高浜」です。ここで、お一人様一枚限りの特別記念きっぷを配布しているんですね。というわけで、ゲット。やはり、複数枚はきびちいです。
さて、ここからどう進もうかは考えていません。湖西線の駅の切符やらスタンプやらを回収したいなとは思うのですが、道の駅と絡めるとそろそろタイムアップです。
まずは名田庄をあきらめて、東に進み、若狭熊川宿経由で琵琶湖沿いに戻ります。くつき新本陣は初訪問。きっぷはありませんって書かれた紙がなんかイラつかせます。無いのはいいんだけれどさー、対話を拒まれているみたいで。
そこから農道を駆け抜け、しんあさひ風車村は閉店時間ギリギリセーフ。って、ここは、電話ボックスにスタンプがあるので、夜間でも大丈夫だったのですね。スタラリやってるわけじゃないけど。
安曇川駅に寄ってから、道の駅「藤樹の里あどがわ」へ。ここはぴかぴかで広々したよい施設ですね。切符を買って、この近辺の立ち寄り湯をたずねます。
というわけで、比良とぴあ、を教えていただき、そこに向かいます。途中、近江高島、北小松、近江舞子と寄りますが、既に駅員さんはいなかったり。
比良とぴあは、第三セクター運営の施設で、なかなかよいお風呂でしたよ。ただ、帰り際、私の靴箱の鍵が無いとか言い出しまして(笑
靴箱の番号を私が覚えてなかったらどーするつもりだったんだー。

堅田駅に寄り、吉野家でぱくぱくご飯食べて、寝床に向かいます。
当初はびわ湖大橋米プラザにしようかと思ったのですが、結局「草津」にしました。
お仲間もちらほらいましたね。ではおやすみなさい。

*

翌朝は草津線の駅からスタートです。手原、石部、甲西、三雲。そこから近江鉄道沿いに針路を変えて、水口城南、水口石橋、水口、日野と進みます。愛知川町では、びんてまり館に行き、コネタ取材。前回は開館時間とあわなかったのだな。今回はじっくり見ました。なるほどそーやって作っているのね。
さて、ここまで来たら、行かねばなりません。彦根城。というより、近江鉄道ミュージアムに強くココロひかれたのです。
彦根駅近くに車を置き、観光案内所へ。まずはここでスタンプ。駅に向かい、スタンプ。近江鉄道の駅でもスタンプ。あれ、これはどこの駅のものを削ったんだろう。
そして、近江鉄道ミュージアム内でもスタンプいっぱい。しかし、ここの展示は凄いですねー! 切符マニアには垂涎の品がわんさかです。
車両は可愛いものだけ写真を撮って、退散。彦根駅前のショッピングビルでやっているまちかどミュージアムを見に行きます。ここでも近江鉄道に関する展示があり、切符も凄いものが。しかも、入場料で、豪華な目録がついてきます。
ほくほくしながら、彦根城に向かいます。
しかし、目に付くのが「ひこにゃん」です。400年記念祭のマスコットキャラなんですが、なんというか、あの緩さ加減がたまらなく可愛いのです。グッズに色々ココロ奪われつつも、こらえて、お城へ。
天守閣への切符売り場に、スタンプはありました。そして、ようやく100名城スタンプラリー帳もゲット。なるほど、Brotherのスタンプなんですね。これは大事に使わないとすぐ壊れちゃいそうです。
スタンプをゲットしてしまったので、天守閣は行かなくてもいいかなーと思ったのですが、彦根城には記念メダルがあります。しかも、今はひこにゃんの限定メダルもあるわけで、これを買うには登るしかないかーと覚悟を決めて入場します。
その日は日差しが強かったわけではありませんが、蒸し暑く、すぐ汗だくになってしまいました。ひー。途中のお土産ものやさんで我慢しきれず、ひこにゃんの刺繍されたタオルハンカチを購入します。天守閣入口にたどりつきましたら、すごい行列です。わー、っと思ったけれど、メダルの販売機は脇のお土産ものやさんにあって、一安心。スタンプもおせました。
さてじゃ、戻りましょう。てくてくと汗をふきつつ戻ります。門を出て、物産館に立ち寄ります。そこで気づいてしまいました。
……ここでもメダル売ってた。

ひこにゃんグッズをいくつか買いあさって、再び車を大津方面に向けます。ちょっと無駄なルートどりかなあとも思ったのですが、結果満足できたのでヨシとします。
八日市から、道の駅あいの土山へより、関宿へ。ここも目的地のひとつでした。タイミングよく記念きっぷが新規発売になったのですね。らっきー。
で、道の駅いがに寄り、上野市駅へ。ここで、Tatsumiくんと初顔合わせをしました。そのまま車に拉致って、伊賀上野城へ。スタンプぽん。
そしてそのまま名古屋方面に向かい、四日市までつれまわしちゃいました。そこでまた私は一人になりますが、次は18時過ぎに道の駅潮見坂で待ち合わせです。けんぼうさんとつのさんが待っております。合流して、ガストで夕食を食べ、20時過ぎに出立。なんとか帰宅いたしました。

もう毎週のように濃密な旅を繰り返していたためか、その後ダウン。次の旅はいつになるかなーと布団の上でぼんやり考えるワタクシなのでございました。ふはー。
[PR]
by petamp | 2007-06-02 00:00 | 行脚録 | Comments(2)
無理やり平日を休んで、土日にくっつけよう計画~。
25日朝早くに家を出て、常磐道を北上します。ぐいぐい進んで磐越道方面に。差塩PAで休憩して、小野ICで降ります。道の駅があくまでの鉄道駅訪問は、磐越東線でスタートです。
神俣駅でPOS券を買い、菅谷駅でPOS券とスタンプ。大越でもPOS券を買います。磐城常葉は既報どおり、無人化されていました。券売機があるってどこかで読んだ気がするんだけれど、無かったなあ。
ふくしま東和で開店待ち。スタンプを捺して切符を買って、川俣、安達、つちゆと進んでいきます。裏磐梯方面に向かって走っているときに、ビジターセンターが目に入りました。立ち寄ってみましたところ、スタンプ発見。施設もなかなかに立派でした。
残念ながら雨模様。小走りに車に戻り、道の駅裏磐梯、喜多の郷と進みます。もうこのあたりはなれた道というか、何度目なんでしょう。
ところで、裏磐梯からは、ぐるっと会津キャンペーンのスタンプもおします。これは、会津地方の道の駅やまちの駅、農産物直売所9箇所をめぐるラリーで、専用のスタンプも用意されています。ロゴと文字だけですが割と好ましいデザインです。
喜多の郷でラーメン丼をようやく購入。食べるのはおあづけにして、会津柳津、尾瀬街道みしま宿と寄っていきます。そこから引き返して、にしあいづへ。順調ですがお天気はよくありません。
さて、前回このあたりを走ったときに課題として残していたものがあります。徳沢駅です。
ここは簡易郵便局が併設されており、駅業務も委託されています。ですので、平日しか営業していないのですね。わざわざ平日に休みをとった理由はここにあります。
おそるおそる入ってみますと、やった営業中です。
ただし、切符については、券売機が入ったため、短距離の切符は既に無く、400円区間以上のものしか無いとのこと。それでもあるのだから万歳です。往復切符は、喜多方往復の1300円。それでもにこにこ買っちゃいます。
スタンプもいろいろあります。国鉄と書かれたものや、ディスカバージャパンまで。保存状態も非常によく、しみじみ嬉しくなります。
削ってあるスタンプを見ると私は悲しくなってしまうのですが、このように、削らずに、昔のものですよ、と断った上でそのまま使うのが綺麗だと思うのです。
切符を買ってスタンプおして、鉄道のほうはおしまい。今度は通帳出して、貯金して、和文の消印おしてもらって……とメニュー盛りだくさんです。それらもすべてにこにこと手際よく片付けてくださいました。どうもありがとうございます。

これで今日のノルマは終了。本当は関川まで行きたかったのですが、ちょっと時間切れになりそうです。
磐越西線の各駅をめぐりつつ券売機券を買ったり駅名標を撮ったり。三川は無人化されてしまっていました。スタンプも切符もまだだったのに……。
五泉から新発田に抜け、さらに道の駅胎内に行きます。ここでお風呂タイム。
そして、なんとそこから夜間大回送で、道の駅たかはたまで抜けちゃいました。明日、山形鉄道の駅とか撮りたいなあというのと、道の駅関川の開店時間が11時と遅いことが理由です。
割とスムーズに進んで、たかはたでおやすみなさい。

*

むっくりおきだして、置賜駅から撮影スタート。中郡は綺麗な駅舎になっちゃってましたね。犬川は初訪問でした。羽前小松って券売機もしかして裏口にあったの?
今泉から山形鉄道の各駅を撮ります。梨郷などは綺麗になっちゃっていましたが、西大塚はそのままで嬉しくなります。荒砥はあんなに綺麗になっていたとは……。
この先に新規開業の道の駅「白鷹ヤナ公園」があります。しかし、道路上に看板が無く、スルー。しばらくしておかしいなと戻る羽目になりました。
ここで開店待ちをして、スタンプをおして、登録証を撮ります。
そして、ぶーんと、道の駅いいでまで走ります。さて、切符でも買うかと、助手席に手を伸ばしますが、財布が見つかりません。

……あれ? あれあれあれ!?

Σ( ̄Д ̄;)がーん。

生まれてはじめて、財布を忘れてしまいました。何度も未遂はありましたが、ついにやってしまいました。慌てて先ほどのヤナ公園に電話しましたところ、届いています、とのこと。
ほーーっとまずは一安心。今から戻ります~と同じ道を戻ったのでした。
事務所で無事受け取り。……朝一番でしたので、店員さんが私のことをよく見ていてくださったのですね。ありがたいことです。
スタンプ用紙やスタンプ台は忘れたことがありますが、財布ははじめてです。老化現象でしょうか。ううう。気をつけねばなりません。
また同じ道を戻り、白い森おぐに、関川と寄ります。昨日から関川関川言ってるのにはもちろん理由があって、例によって、記念きっぷです。ついに発売になったのですね。
枚数を確保し、ほくほく。そこからまずは新発田城を目指します。

日本にはたくさんのお城があります。その中でえりすぐった日本100名城というのが制定されたのですが、その名城のスタンプラリーが開催される、という話があるのです。
それは確認せねばなるまい~と一番近くだった新発田城に寄ってみることにしたのです。
門をくぐるとスタンプが三種類。どれも綺麗な印ですが、100名城とか書かれているわけでもありませんし、台紙もありません。ぐるっと一回り見学したあとで、受付の方に尋ねてみました。
すると、6月2日スタートです。スタンプはもう届いています。スタンプ帳は二種類ありますよ、なんて話を教えていただきました。それはそれは! 大収穫です。じゃまたはじまったら来ますね、なんて言って辞しました。
その後は、白新線の各駅を撮ってスタンプおしたり、新潟駅で新幹線ラリー印をおしたりしつつ、道の駅ちぢみの里おぢやでお風呂に入り、秩父のいつものお店で飲んで寝たのでした。翌日は一日だらりんこんと過ごして帰宅。いつもの週末って感じですね。
[PR]
by petamp | 2007-05-25 00:00 | 行脚録 | Comments(0)

やわらのぞみのスタンプ押印記録


by petamp