<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

摩周丸

a0089155_0244141.jpg

前に見た、ような気がしていたのは、単に青森側の八甲田丸と勘違いしていたようです。
残念ながら私は、青函航路に乗ることはありませんでした。トンネルが出来てから初めて北海道に渡ったようなにわかトラベラーでございます……。
当時の映像やこうして実際の船を歩くと、乗ってみたかったなあという思いがひたすら募ります。
今でも航路はありますが「連絡船」という言葉が消えつつありますね。

遠い未来のために、今乗れるものにはできるだけ乗っておきたいなあ、と思います。
[PR]
by petamp | 2013-02-21 00:28 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

函館市文学館

a0089155_0192891.jpg

ロープウェイに乗れず、さてどうしようと途方に暮れつつ町まで降りてきて、市電停留所近くにあった文学館を発見、幸い遅くまで営業していましたので、ついっと吸い込まれました。
函館に縁がある文学者の直筆原稿や本、資料が並んでいます。特に石川啄木の資料が充実していました。

古い本が好きです。中身だけならば文庫や電子書籍で読めるのですが、古い本にはモノとしての美しさがあります。佇まいもだけれど、活字が好きなのかな。古書コレクションに手を出したら大変なことになる、と今のところ自制心が効いていますが……。

スタンプは、下の文字まで含めて一つの印です。
[PR]
by petamp | 2013-02-21 00:24 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

金森赤レンガ倉庫

a0089155_0161259.jpg

キラキラとしたライトアップで飾られた赤レンガ倉庫は、中もおしゃれなショッピング街になっていて、多くの人で賑わっていました。
ここには、投函するとクリスマスに小型印が押されて返してもらえるポストがあるよ、ということではがきを用意して来たのですが、そのはがきに押せるようにと、こんな可愛いスタンプが設置されていました。
消印をもらうために、自分宛てに何も書かないで投函するつもりでしたが、せっかくなのでこれを押してみたよ。

ちなみにこのあと、函館山ロープウェイに乗ろうと思って意気揚々歩いて行きましたら、運休中でした。がくり。
[PR]
by petamp | 2013-02-21 00:18 | 【印影】その他施設 | Comments(0)

函館トラピスチヌ修道院

a0089155_011632.jpg

函館には何度も訪れていますが、こうした観光地にはほとんど出向いていませんでした。
今回時間があったので、いくつかめぐってみたのですが、やはり人を呼べる場所、というものにはそれなりの力がありますね。
特にここは、保存のために残した施設とかではなく、現在でも使われている生きた施設であり、宗教のもつ荘厳さも相まって自然と身が引き締まります。
修道生活について書かれたパネルを見て、……起床3時半? さ、さんじはん? と唖然といたしました……。
[PR]
by petamp | 2013-02-21 00:15 | 【印影】その他施設 | Comments(0)

旧室蘭駅駅舎

a0089155_075181.jpg

現在の室蘭駅はすっきりした近代的デザインですが、この旧室蘭駅の駅舎は重厚で歴史の重みを感じさせます。
観光案内所として、また、バスターミナルとして現在でも使われています。中には旧室蘭駅の写真や資料も掲示されています。
[PR]
by petamp | 2013-02-21 00:10 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

上士幌町鉄道資料館

a0089155_2383348.jpg

ここは旧糠平駅跡。私にとって士幌線は憧れのローカル線でした。電力所前なんて変な仮乗降場はあるし、糠平から先、十勝三股までバス代行していたり。おもしろそうがたっぷり詰まっていたのに、私が北海道に行く前に廃止になってしまいました。
士幌あたりまでは何度か廃線跡をめぐったりしましたが、糠平まで来たのはこの時が初めてです。
なにやらトロッコの線路があってシーズンには乗れるのだろうな。いいな、また夏に来たいな。
幌加駅や十勝三股駅の跡にももちろん行きました。旧線の橋梁跡はすでに水没後でしたが。
[PR]
by petamp | 2013-02-13 23:11 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

足寄動物化石博物館

a0089155_2351774.jpg

不思議な形をした博物館です。外観の写真撮ろうと思ってもどこを撮ってよいやら。
ここで北海道ラウンドきっぷが発売になった!ということで立ち寄ったのですが、立ち寄った以上はもちろん中を見ます。
いろんな化石が展示されていますが、妄想力を働かせるとホントにおもしろい。こんな生き物がこのあたりにいたのかーってことが不思議でしょうがない。いろいろ化石の体験プログラムもあるようなので、お子様のみならず大人もレッツトライ。
[PR]
by petamp | 2013-02-13 23:08 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

硫黄山レストハウス

a0089155_2303642.jpg

川湯温泉の駅には何度も来ているのに、実は硫黄山、初めてでした。お恥ずかしい。あんまり観光地に興味がなかったんです、昔は。
しかし、線路沿いからちょっと奥に入っただけで、こんなにもうもうと煙をあげる硫黄くさい山があるとは……。大自然の脅威というか、単純にびっくりです。
駐車場は有料ですが、国立公園で共通デザインの駐車券で集めがいがあるので無問題。同じ公園内の摩周湖の駐車場にも使えるし、善き哉。
[PR]
by petamp | 2013-02-13 23:04 | 【印影】その他施設 | Comments(0)

旧奥行臼駅逓所

a0089155_2253295.jpg

奥行臼駅跡からすぐ近くにあります、駅逓所の跡です。すばらしく保存状態もよく、中に入るといろいろと解説もしていただけます。
駅逓とは北海道独自のもので、旅人の宿泊や、人馬継立、郵便などを扱う交通の拠点です。
一時は道内に200ヶ所くらいあったそうですが、現在も痕跡を残しているところは多くなく、ここ奥行臼や、島松がよく知られています。
なんというか「駅」って文字があるだけで、気持ちが上がります。うきうき。駅逓所跡めぐりってのもおもしろいかも。
[PR]
by petamp | 2013-02-13 22:58 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

旧JR奥行臼駅

a0089155_22494073.jpg

JRになってから廃止になった奥行臼駅。駅舎もホームもそのまま残されています。
そしてこんな美麗なスタンプも。
すぐ近くには、簡易軌道のターンテーブル跡と車両も残されています。
[PR]
by petamp | 2013-02-13 22:51 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

やわらのぞみのスタンプ押印記録


by petamp