<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

八王子市いちょう祭

a0089155_034444.jpg

2013年に34回目を迎えた八王子のいちょう祭りでは、ウォークラリーが行われています。
木札を買って、関所ごとに無料で焼き印を押してもらえます。端から端まで歩くと結構な距離に。あとで測ったら6キロちょっとはあったみたい。
基本は焼き印なのですが、一部の関所には画像のようなスタンプもありました。
郵便局では小型印などもありましたし、ゴールした記念品なんかもいただけましたし、いちょうはもちろん綺麗だったし、よいイベントでした。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:38 | 【印影】ローカルスタンプラリー | Comments(2)

あらかわ遊園

a0089155_0315139.jpg

都電に乗ってあらかわ遊園へ。とはいえ、結構駅から歩きます。
入場券は、券売機のぺらぺらつまらない切符ですが、園内の乗り物券がとても収集意欲の湧くよいものだということを知って、ほぼそれを買うためだけに訪れたのです。
豆汽車が結構本格的だし、観覧車は美しいフォルムですし、鉄道模型を展示しているお部屋なんかもあって結構楽しかったです。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:33 | 【印影】公園 | Comments(0)

お札と切手の博物館

a0089155_028651.jpg

王子駅から歩いてほどなくのところにあります、お札と切手の博物館。国立印刷局の敷地内なんですね。
スタンプは三種類ありますが、月替りと季節替わりがあるようです。さすがに月替りを追いかけるのは無理……。
日本どころか世界に誇る印刷技術の粋を極めたあれこれが展示されているのですが、私ね、個人的にね、眼鏡を外して見たほうがよくわかるってことに気付かされましてね。
老眼だ……ああ、やあねえ……。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:31 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

渋沢史料館

a0089155_023134.jpg

渋沢栄一という名前は深谷駅のスタンプなどで記憶していました。調べてみたら、深谷市の「血洗島」なんていう物騒な地名を持つ場所でお生まれになったようですね。
その渋沢さんの大活躍をまとめた史料館です。武士という驚くべき来歴から、あれもこれも今でも知ってる会社を次々に作ったりして、まったくすごい人だなあと感心しきりです。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:27 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

紙の博物館

a0089155_0204773.jpg

ちょうど北区の産業遺産スタンプラリー開催中でしたので、普通スタンプはしまってあったようです。
紙には常々お世話になっています。私は本というモノを愛していますので、電子書籍が普及してもやっぱり本は買い続けるように思います。
そんな紙に感謝しつつそのできるまでや様々な種類を堪能するのです。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:22 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

北区飛鳥山博物館

a0089155_0171331.jpg

飛鳥山には3つの博物館が並んでいます。紙の博物館、渋沢史料館、そして飛鳥山博物館。ここ飛鳥山博物館が最も総合的な感じですね。入り口から感じるより上下の広がりがある感じです。
3館共通券とかがあるとお得ですが、ホントは一箇所につき一枚のチケットが欲しいんですよね、コレクタ的には。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:19 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

前橋文学館

a0089155_23441149.jpg

萩原朔太郎を中心とした文学者達の資料を集めた、前橋文学館です。
古い本の装丁などは見ているだけでも楽しくなります。ものとしての美しさがあるなあと思うのです。博物館などで古いものを見ていますと、昔のものは小さかったのだなあとしみじみ思います。ハガキもそうですし、本も。印刷物もすごく小さい。小さいものというのはそれだけ繊細な作り込みが必要なので余計大変そうに感じるのですが。
[PR]
by petamp | 2014-03-05 00:15 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)

やわらのぞみのスタンプ押印記録


by petamp