おりつめは周辺の道の駅の中では開店が早い駅。それもここをP泊に選んだ理由の一つです。
開店を待ってスタンプをおして、すぐにスタート。次は、JRバス東北の陸中山形駅こと、白樺の里やまがた、です。ここは最近になって、「白樺の村」から「白樺の里」に駅名が変わっています。スタンプはどうかな? と思いましたが、ちゃんと変わっていました。そして、おおのに戻ります。夜中だったので、スタンプがおせなかったのです。
はしかみ、なんごう、みさわ、と道の駅でスタンプをおしながら、ついに下北半島に入って行きます。吹越駅に寄ってから、陸奥横浜駅へ。切符&スタンプ。続けて、道の駅「よこはま」です。ホタテのから揚げなんて贅沢なものが安価で売っていましたので購入。これが美味しいんだ。
本当なら大湊線の全駅を撮影したかったのですが、時間的に厳しいかな、ということになり、泣く泣く通過。次に寄ったのは、下北駅、大湊駅でした。恐山に向かう観光バスを尻目に、私は下北半島の斧の部分の南端を西に向かって走ります。
美しい沿岸を楽しみながら進んで、道の駅「わきのさわ」へ。初訪問です。
下北半島って、西進、東進は比較的楽ですが、斧の刃物部分を南北に移動するのはなかなかに大変です。
でも頑張って、道の駅「かわうち湖」へ。さらにここから北上して、大間を目指します。いっそむつ市に戻ったほうが楽なのでは? と思ったのですけれど、ぐねぐね道を進みます。
太陽が傾いたころに、大間港に到着。スタンプだけおします。まだ乗ったことがないのですが、ばあゆ乗船記念スタンプです。
そして、本州北端の地へ。観光案内所で、北端到達記念証明をいただき、スタンプもおします。やったー、ついに到着です。私、下北半島へは、随分昔、下北交通に乗りに来て以来でしたので、アコガレの地だったのです。
さて、ここからむつ市に向かいます。途中、未成線を見たり、旧大畑駅や旧正津川駅を見てから、むつ市内へ。美人の湯と呼ばれる温泉に入り、ご飯を食べて、一気に半島を出ます。
P泊地は悩んだ末に、おがわら湖にしました。スタンプはおせませんので、またこなくちゃ。おやすみなさい。
# by petamp | 2007-06-23 00:00 | 行脚録 | Comments(0)
朝の7時過ぎ、東北道国見サービスエリアにて、今回の遠征旅、スタンプ初おしなのでした。
NEXCO東日本のスタンプ収集も半ばを過ぎたのですが、まだまだ残っています。なるべく早く片付けたいのですけれど、東北など遠くにでかけますと、他に行きたいところがありすぎて……。
続いて、菅生パーキングエリアでもおします。なぜ、ここにはあるんでしょうね?
仙台南部道路を経由して、仙台東部道路へ。そして石巻へ。道の駅「上品の郷」にて、東北スタンプラリー再開です。残念ながらの雨模様。梅雨時ですからね。仕方ないか。
陸前豊里駅に立ち寄り、切符購入&スタンプ押印。綺麗なシャチハタ印でした。「津山」でもスタンプ&きっぷ購入です。
歌津駅でPOS入場券を購入。こちらにはスタンプは無いんですね。「大谷海岸」で、道の駅のスタンプをおして、南気仙沼駅でマルス券を購入。「高田松原」にて、スタンプ&きっぷです。このあたりの道の駅のきっぷは、基本的に所持しているのですが、自力化ということで。
小友駅にて窓口で入場券をと言うと、発行できないとのこと。そうか、ここは盛岡支社ですね。盛岡支社では徹底して、簡易委託駅での入場券を発売させないことになっています。
駅数も多く無いし、希望する人も多いのだから、売ってくれてもいいじゃない、と思うのですけれど、そこはマニアのわがままなのでしょうか。受託のおじさまは大変申し訳無さそうにしておられました。
細浦駅には、常備軟券があります。ようやく購入できました。これで私のJR東日本現行発売駅での未収駅は残り一つとなります。駅名の入ってない観光印ですがとても綺麗なスタンプもあります。ポケットティッシュなどもいただいたりして、感謝なのでございます。
盛駅にちょっと寄ってから、三陸鉄道の吉浜に向かいます。道の駅「さんりく」にも忘れずに寄って。
吉浜には最近スタンプが設置されました。デザインも面白く、とても綺麗です。ぜひみなさんおしに行ってあげてくださいな。
大槌駅に寄って、スタンプ&切符購入。あれ、スタンプもしかして新しいですか?
吉里吉里駅では待合室内にあるスタンプを三種類おします。どれもかなりへたってます。その中の一つは、随分昔、国鉄時代、硬券入場券を送ってもらったときにメモ帳におしてあったものです。こんなに劣化しちゃって、という反面、まだあるんだーという思いもあります。
道の駅やまだに寄って、陸中山田駅に行きますが、残念ながら駅員氏がおらず、切符は買えませんでした。スタンプは、おした紙が置いてあり、なんとか印影は確保できたのですけれど。
津軽石駅で切符購入&スタンプ。道の駅「みやこ」で、本州東端到達記念証明書をいただきます。
本州の四端にて発行される証明書を集めると、記念品がもらえるという「四端ラリー」というのがあるのです。以前コネタに記事として書いたのですけれど、実はこれが初参加。なんとか完走したいなあ。
唯一三陸鉄道で未訪だった一の渡駅を撮影した後、ちょっとスタラリ急ぎモードです。たろう、いわいずみ、たのはた、と寄ってから、三陸鉄道の普代駅へ。ここの硬券入場券は長らく料金変更印だったのですが、140円の新券になっていました。他にもいくつか硬券を買っていたら、最後に乗車記念と書かれた模擬券をいただきました。知らなかったので嬉しい~
もはや時間的にあきらめていたのですが、道の駅「のだ」=陸中野田駅に到着しましたらば、まだ売店があいています。ラッキー! とばかりに、スタンプをおし、窓口にて、三陸鉄道&道の駅のきっぷを購入することができました。よかったー。
その後、久慈に寄って、道の駅「おおの」でお風呂に入ります。ご飯を食べ損ねてしまっていたので、お風呂のあとに、二戸まで抜けて、食料を確保。道の駅おりつめ、で、P泊です。おやすみなさい。
# by petamp | 2007-06-22 00:00 | 行脚録 | Comments(0)

伊賀上野城

伊賀上野城の天守閣入口にあるチケット売り場にあるスタンプです。
表には出ていませんので声をかける必要があります。
100名城も同じようにしまってありますので、両方おさせてもらいましょう。a0089155_2243054.jpg
# by petamp | 2007-06-03 00:04 | 【印影】城郭 | Comments(0)

彦根城

画像の丸いスタンプと、角丸長方形のスタンプは、入場券売り場に。
ひこにゃんの描かれた小さな「ぐるっと滋賀」は、天守閣入口近くにありました。
100名城スタンプは、入場券売り場にあります。

そうそう、そのどちらにも歴史街道のスタンプはあります。色違いで。
a0089155_2222372.jpga0089155_2223237.jpga0089155_2224084.jpg
# by petamp | 2007-06-03 00:03 | 【印影】城郭 | Comments(0)

彦根駅前観光案内所

彦根市内は、11月まで彦根城築城400年祭で、大変なお祭り状態です。
町のあちこちにひこにゃんののぼりが立ち、画像の青いシャチハタ印は色違いで色々なところに設置されています。
細かく探訪すれば、まだまだスタンプはあると思います。たっぷり時間をとって、どうぞ。a0089155_21592594.jpga0089155_21593368.jpga0089155_21594193.jpg
# by petamp | 2007-06-03 00:02 | 【印影】観光案内所 | Comments(0)
JR草津線石部駅前にありますコミュニティハウスにこんなスタンプがありました。a0089155_21564827.jpg
# by petamp | 2007-06-03 00:01 | 【印影】観光案内所 | Comments(0)

小浜駅前観光案内所

小浜駅を出て左手に歩くとあります、観光案内所です。
この人魚のスタンプは、東小浜駅にもありますね。a0089155_21523354.jpga0089155_2152448.jpg
# by petamp | 2007-06-02 00:03 | 【印影】観光案内所 | Comments(0)
農産物直売所ともまた違うんですね。不思議な施設ですが、まさに表題のとおり、情報交差点というのが正しいのでしょう。
若狭本郷駅と隣接してある施設で、国道からはSLが目印かな。
スタンプは、特大サイズのものと通常サイズのものと。a0089155_215044100.jpga0089155_21505371.jpg
# by petamp | 2007-06-02 00:02 | 【印影】その他施設 | Comments(0)

長浜鉄道記念館

旧長浜駅を移築した記念館。鉄道模型やら実際の機関車やら。
スタンプは、これと、歴史街道。歴史街道については、既にきちっとしたサイトもあることですので、割愛しますね。a0089155_21471956.jpg
# by petamp | 2007-06-02 00:01 | 【印影】博物館・資料館 | Comments(0)
6月1日は、名古屋でお仕事でした。とっていただいたホテルに投宿し、翌朝出発です。
一日の目標はあんまり欲張ると、タッチ&ゴーになってしまいますし、ほどほどに。というわけで、一箇所にターゲットを絞りました。

名古屋市内から岐阜方面に向かいます。最初に止まったのは、近鉄養老線の駒野駅でした。スタンプを捺してなかったので、ぽんっと。
続いて、JR東海の柏原、近江長岡でスタンプです。彦根市内で面白そうなことやってるなーとは思ったのですが、華麗にスルーして、坂田駅でスタンプ。
続いて、長浜駅に立ち寄ります。駅前に車を置いて、駅でスタンプ、歩いて長浜鉄道スクエアに行き、記念館でスタンプ。です。
そして、虎姫、河毛と寄っておしまくり。で、河毛駅のほど近くに、小谷城というのがあるのです。これ、例の日本100名城の一つなんですね。それでは、と向かってみます。
しかし。
小谷城というのは、ものすごい山城です。麓に駐車場があり、歩いて山頂方面に向かうと遺跡がいろいろあるようなのです。
……、これ、のぼれっての?
ためらった挙句、私は引き返しました。もう少し名城スタラリをすすめてからまた来ようって。
実はこれが正解でした。あとで入手したスタンプラリー帳に因れば、小谷城のスタンプは全然違う場所に設置されているのだそうな。危ない。登って行ってなかったら辛かったところでした。

戻って、高月駅でスタンプをおし、柳ケ瀬トンネルをくぐったりしながら、敦賀市の気比大社に行きます。広くて気持ちがよいところですねー。
ここから小浜線沿いに針路を変え、美浜、三方と切符&スタンプ。東小浜駅の近くにある、若狭彦神社(でも、私が行ったのは、下社である、若狭姫神社)で御朱印をいただきます。
小浜駅により、加斗駅へ。
ここは、簡易委託でぺらぺらのレシート切符を売っているだけの駅なのですが、スタンプがあります。駅前には、床屋さんのサインポールが。なるほど駅舎を床屋さんとしても使っているのですね。
駅の方は気さくな方で、時々送って欲しいなんていう手紙が来るんですよ、なんておっしゃる。へー、スタンプをそうやって集める方というのもいらっしゃるのですねぇ。考えもしなかったなあ。
すこーんと抜けた青空と、ディーゼルカー。そして、ひとりだけやってきた地元の女子高生。どこをとっても映画のような美しい風景で、私はこの駅を大好きになってしまいましたよ。

もう少し西に進みます。若狭本郷駅と線路を挟んで対岸にあるのが、おおい町の情報交差点施設「ぽーたる」です。駅前にはSLが鎮座し、中には鉄道模型が張り巡らされてて、なかなかに面白いです。スタンプは二種類。
地下通路を通って駅にも行き、スタンプやら切符やら。
国道沿いから若狭本郷駅に行きたい方は、ぽーたるに置いて歩くのがよいかも。手前に若狭本郷駅口という信号があるんですが、うっかり左折すると自動車進入禁止でポールが立っています。……こういうのってかなり頭に来ます。よそ者にわからないような案内をしないでくださいませ。

もうちょっと進んで、道の駅「シーサイド高浜」です。ここで、お一人様一枚限りの特別記念きっぷを配布しているんですね。というわけで、ゲット。やはり、複数枚はきびちいです。
さて、ここからどう進もうかは考えていません。湖西線の駅の切符やらスタンプやらを回収したいなとは思うのですが、道の駅と絡めるとそろそろタイムアップです。
まずは名田庄をあきらめて、東に進み、若狭熊川宿経由で琵琶湖沿いに戻ります。くつき新本陣は初訪問。きっぷはありませんって書かれた紙がなんかイラつかせます。無いのはいいんだけれどさー、対話を拒まれているみたいで。
そこから農道を駆け抜け、しんあさひ風車村は閉店時間ギリギリセーフ。って、ここは、電話ボックスにスタンプがあるので、夜間でも大丈夫だったのですね。スタラリやってるわけじゃないけど。
安曇川駅に寄ってから、道の駅「藤樹の里あどがわ」へ。ここはぴかぴかで広々したよい施設ですね。切符を買って、この近辺の立ち寄り湯をたずねます。
というわけで、比良とぴあ、を教えていただき、そこに向かいます。途中、近江高島、北小松、近江舞子と寄りますが、既に駅員さんはいなかったり。
比良とぴあは、第三セクター運営の施設で、なかなかよいお風呂でしたよ。ただ、帰り際、私の靴箱の鍵が無いとか言い出しまして(笑
靴箱の番号を私が覚えてなかったらどーするつもりだったんだー。

堅田駅に寄り、吉野家でぱくぱくご飯食べて、寝床に向かいます。
当初はびわ湖大橋米プラザにしようかと思ったのですが、結局「草津」にしました。
お仲間もちらほらいましたね。ではおやすみなさい。

*

翌朝は草津線の駅からスタートです。手原、石部、甲西、三雲。そこから近江鉄道沿いに針路を変えて、水口城南、水口石橋、水口、日野と進みます。愛知川町では、びんてまり館に行き、コネタ取材。前回は開館時間とあわなかったのだな。今回はじっくり見ました。なるほどそーやって作っているのね。
さて、ここまで来たら、行かねばなりません。彦根城。というより、近江鉄道ミュージアムに強くココロひかれたのです。
彦根駅近くに車を置き、観光案内所へ。まずはここでスタンプ。駅に向かい、スタンプ。近江鉄道の駅でもスタンプ。あれ、これはどこの駅のものを削ったんだろう。
そして、近江鉄道ミュージアム内でもスタンプいっぱい。しかし、ここの展示は凄いですねー! 切符マニアには垂涎の品がわんさかです。
車両は可愛いものだけ写真を撮って、退散。彦根駅前のショッピングビルでやっているまちかどミュージアムを見に行きます。ここでも近江鉄道に関する展示があり、切符も凄いものが。しかも、入場料で、豪華な目録がついてきます。
ほくほくしながら、彦根城に向かいます。
しかし、目に付くのが「ひこにゃん」です。400年記念祭のマスコットキャラなんですが、なんというか、あの緩さ加減がたまらなく可愛いのです。グッズに色々ココロ奪われつつも、こらえて、お城へ。
天守閣への切符売り場に、スタンプはありました。そして、ようやく100名城スタンプラリー帳もゲット。なるほど、Brotherのスタンプなんですね。これは大事に使わないとすぐ壊れちゃいそうです。
スタンプをゲットしてしまったので、天守閣は行かなくてもいいかなーと思ったのですが、彦根城には記念メダルがあります。しかも、今はひこにゃんの限定メダルもあるわけで、これを買うには登るしかないかーと覚悟を決めて入場します。
その日は日差しが強かったわけではありませんが、蒸し暑く、すぐ汗だくになってしまいました。ひー。途中のお土産ものやさんで我慢しきれず、ひこにゃんの刺繍されたタオルハンカチを購入します。天守閣入口にたどりつきましたら、すごい行列です。わー、っと思ったけれど、メダルの販売機は脇のお土産ものやさんにあって、一安心。スタンプもおせました。
さてじゃ、戻りましょう。てくてくと汗をふきつつ戻ります。門を出て、物産館に立ち寄ります。そこで気づいてしまいました。
……ここでもメダル売ってた。

ひこにゃんグッズをいくつか買いあさって、再び車を大津方面に向けます。ちょっと無駄なルートどりかなあとも思ったのですが、結果満足できたのでヨシとします。
八日市から、道の駅あいの土山へより、関宿へ。ここも目的地のひとつでした。タイミングよく記念きっぷが新規発売になったのですね。らっきー。
で、道の駅いがに寄り、上野市駅へ。ここで、Tatsumiくんと初顔合わせをしました。そのまま車に拉致って、伊賀上野城へ。スタンプぽん。
そしてそのまま名古屋方面に向かい、四日市までつれまわしちゃいました。そこでまた私は一人になりますが、次は18時過ぎに道の駅潮見坂で待ち合わせです。けんぼうさんとつのさんが待っております。合流して、ガストで夕食を食べ、20時過ぎに出立。なんとか帰宅いたしました。

もう毎週のように濃密な旅を繰り返していたためか、その後ダウン。次の旅はいつになるかなーと布団の上でぼんやり考えるワタクシなのでございました。ふはー。
# by petamp | 2007-06-02 00:00 | 行脚録 | Comments(2)

やわらのぞみのスタンプ押印記録


by petamp